FC2ブログ

6 

昨日最後に登場した犬。

一体なんなんだと思われたでしょうが、
これ以上回りくどいとイライラされると思いますので、
結論から申し上げます。

新入りです。

ここから少々話が長くなりますので、
さーっと読み飛ばしていただいて大丈夫です。

8月にいぬがいなくなり、三豆もすっかり親の家の猫のような状態になって、
この家にいるのはいぬじ、しし豆、五豆だけになりました。
あと旦那も一応平日単身赴任ですし。

ぶっちゃけ老犬介護から解放され毎日が大変楽になり、
夜もしっかり寝られて平穏な日々を送っていたのですが、
3年に渡る寝不足生活と、1年8か月に及ぶ犬3匹生活は、私の体がその状態に慣れるまでに十分な時間だったようで、どうにもなんだか張り合いのない毎日を送っていたのです。

9月に入ってからは、10日に一度ほど、なんとなーく里親募集サイトを眺めるようになり、
いや、いかんいかん、
3匹いた時も散歩はいぬだけ別で距離も短かったからどうにかなったのだ、
これで若い犬が増えたら3匹同時は絶対無理だから自分が大変な思いをすることになる、
いや、現状「もっと歩け」ってスマホの健康管理アプリにも言われてる、
いやいや、せっかくようやくのんびりできるようになったんだからもう何年かはゆっくりすりゃいいじゃん、
でももう何年か経ったら今度はいぬじが本当に爺さんになってそれから子犬なんて迎えたらいぬじが気の毒だ、
じゃあ今5歳くらいの子を引き取ればちょうどいいんじゃないか、
いやでも里親サイトを見てると結構どこも場所が遠くて往復だけでも大変だし、もし相性が悪かったらまた移動させて可哀想だ、
一番近くの保護団体はそこまで遠くないけどそこに居る子はみんな15kg以上にはなりそうな子犬ばっかりでさすがにいぬより大きいのはもう体力的にも絶対無理、


などと堂々巡りをしていたのです。

で、頭の中で、もし、もし仮に迎え入れるとしたら、と自分の中で条件を思い浮かべていました。
・成犬になっても7~8kg以下
・人懐こい(五豆が超人見知りなので)
・できればオス
・吠え癖が付いていない(しし豆のストレスになる)
・できれば毛が抜けにくい
・治療にお金がかかる病気になっていない

なーんていう(非常に都合のいい)子がいればいいなーなどと勝手に考えていたわけですが、
数日前、キャットフードを買いに寄った(五豆を買った)ペットショップで何気なく子犬たちを眺めていると、

生後5か月、
11月2日には別の店舗へ移動します、
というチワワ×シーズーのミックス犬(♂)が、

5000円。
生体価格、5000円。

もちろんこれだけではありませんが、
3回分の混合ワクチン、狂犬病ワクチンと登録料、獣医さんの健康診断、マイクロチップ埋め込み費用、2週間分のフードと子犬用ミルク缶、整腸剤と栄養補給剤等々が付いて、
コミコミ5万円(税別)。
ほぼ実費のみですがな。
それまでの餌代と輸送費考えたら多分マイナスですがな。

もう大きくなってしまったので、他の子犬たちのように2匹一緒にケージに入れてもらえず、一匹でひたすらおもちゃ遊びをしている姿がなんとなく不憫で、
もしこの子がむしろ保護施設に居たら、子犬で性格もいいし譲渡会に出たらきっとすぐ貰い手が決まるんだろうなあ、
ペットショップにいるからこうやって売れ残ってまた他の遠い場所に回されてしまうんだろうなあ、
などとその日一晩考えが頭の中をぐるぐるめぐり、
まあ、条件には全部当てはまるし、
これも何かの縁かな、
と、飼うことを決めました。

私は関西の端の方に住んでいますが、
価格表に生まれは長野県、と書いてありました。
契約説明を受けている時に何気なく書類を見てみると、
最初の健康診断の病院が名古屋、
1回目のワクチンを受けた病院が群馬、
2回目のワクチンがまた愛知、
3回目のワクチンがなんと香川でした。
なんというたらい回し。
次に行く予定の店も結構遠い場所だったようですが、
あんた、3か月ほどの間に1200km移動したんやな。
よう頑張った。
ここで最後にしとこ。

と、連れて帰りました。

以上、経緯おわり。
長々と失礼しました。

さて、昨日の様子の続きです。
いぬじとしし豆はショップで顔合わせさせて一緒に帰ってきたのですが、
まず親の家に連れて入ったところ、三豆はフーッもシャーッも言わずに「なんじゃお前は」という顔で眺めてそそくさと立ち去りました。第一段階OK。
さて、次です。



突如として現れた、既に自分ほどの大きさがある犬に、



身を乗り出してガン見するしし豆。



見まくる。



見まくられていることに気付かず五豆追いかける。



五豆逃げる。だいぶ嫌がる。
五豆が気の毒になったので抱え上げ、



ごたーいめーん。



ずい



ずずい
第二段階OK。



この左右非対称の柄のせいで売れ残ってしまったらしいですが、
これも個性ですし、
万が一迷子になった時に特徴がわかりやすくていいとご近所さんにも教えてもらいました。
なるほど。



よく笑います。



ほとんど笑わない五豆がさらにこの顔。



ほんま悪いと思ってるから。
でもしょうがないからがんばれ。


ブログ名は、
「しろ豆」です。
今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント

しろ豆!
よかったね〜いいお家に貰われて。
たらい回しのくだりで涙がでそうになったよ。
なんかホントにまめよしさん、ありがとう。
今後のしろ豆の成長、五豆のお兄ちゃんへの成長とますます楽しみになってきたよ。

三豆LOVE様

いえいえ、ありがとうだなんて恐縮してしまいます。
半分衝動買い(飼い)みたいなもので、これでよかったんだろうかと自問していたりします。
上の犬2匹(しし豆は意外と大丈夫なので)を気遣いつつ、なんとか全員幸せにしてやりたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4861-f99889b7